ダイバーママの陸マイラー日記

ダイバー的、陸マイラーのブログです。JGC取得済み。パラオ セブ 沖縄によく出かけます 

物価の安いダイビングが楽しめるオススメリゾートはセブ島1択です

せっかくのバケーション、食事やアクティビティにかかるお金について、気にせず思いっきり楽しめる方が楽しいですよね!

 

王道のハワイ旅行は憧れますが、物価が高いので思いっきり豪遊!とは庶民には難しい一面があります。

 

ハワイ物価の例

・ランチは20ドル =2200円

・コンビニのスパムオニギリ2ドル=220円

・ディナー50ドル以上=5,000円以上

・ホテルは安くて100ドル=11,000円以上

・ワイキキビーチが目の前だと400ドル以上=44,000円以上

・ホテルモーニングビュッフェ30ドル=3,300円

 

セブの物価の例

・ランチは400ペソ=880円

・白いご飯50ペソ=100円

・ディナー食べて飲んで1000ペソ=2,200円

・ホテルは安いと1000ペソ=2,200円

・最高級ホテル20000ペソ=44,000円

・ホテルモーニングビュッフェ600ペソ=1,200円

 

同じビーチリゾートでも物価の差があれば、メニューなど気にせず、好きなものを好きなだけ食べられるので素晴らしいと思いませんか。

 

セブの四つ星ホテルでルームサービスを実際にお願いした時の模様は、こんな感じでした。

 

ディナーは トータル2500円で、、、

 

・ボロネーゼ ガーリックトースト付き

・シェフのおすすめサラダ

・フィッシュ&チップス

・ライス

と山盛りでした。笑

f:id:m-midori1008:20190607164920j:image

 

翌朝は、フルーツスライスモーニングセットのルームサービスが330ペソとおおよそ700円。

すごい盛りが良くて、食べきれません。笑
f:id:m-midori1008:20190607164915j:image

 

子供が居るので、レストランに行くと周りに気を使わなくてはいけないので、ルームサービスはありがたく感じます。

 

街で食べる値段と比べたら、かなり高いようですが、日本の物価と比べると、かなりリーズナブルですよね!

 

海外旅行に行くときは、ツアー代金だけの比較ではなく、物価の差も考慮するのがオススメです。

 

我が家は毎年セブに通っているのは、やっぱり物価の安さの魅力もあります。

 

ちなみに、セブまでの航空券はゴールデンウィークにも関わらず、マイルで予約するのでチケットは無料!税金のみで済むのでとってもありがたいです。

 

マイルは陸マイラーとして、無料で爆発的に貯めているので毎年のセブ旅行はほんとリーズナブルで助かっています。

 

陸マイラーデビューなら、ポイントサイトモッピーが超オススメです!

お金がたまるポイントサイトモッピー

 

ポイントサイトでポイントを貯める

ポイントをマイルに移行する

飛行機をマイルで予約する

 

このサイクルが回り出すと、もっと気軽に、もっと自由に世界を旅する事が出来るのでオススメです(^^)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。