ダイバーママの陸マイラー日記

ダイバー的、陸マイラーのブログです。JGC取得済み。パラオ セブ 沖縄によく出かけます 

飛行機に預けたスーツケース が壊れた!JALカードCLUB-Aの海外旅行携行品損害補償は凄い!

こんにちは。

先日、パラオから帰ってきたばかりの、ダイバーママです。

 

パラオから帰国の飛行機で事件が起きました。

f:id:m-midori1008:20191030084936j:image

 

スーツケースを受け取る回転台で、出てきたスーツケースが壊れていました。。。

 

預ける時には大丈夫だったので、おそらく預けている間に壊れました。

 

こういうときには、すぐに航空会社の人に事情説明が大切です。

 

「今到着した便のスーツケースを受け取ったら、破損していた」

と伝えると、

係の人につないでくれます。

 

係の人は壊れた箇所を確認してくれた上で、

「スーツケースは免責のため補償出来ません」と言われます。

 

そうなんです。

飛行機に預けたスーツケースが破損しても、航空会社は補償してくれません。。。

 

今回の壊れちゃったスーツケースはコチラ↓

エースの綺麗な青色でお気に入りです。

 

航空会社の人は続けて、

「もし、海外旅行保険に入られていらっしゃいましたら、保険会社様にご提示していただける破損証明書はお出しできます。」と言われますので、この破損証明書の発行をお願いしましょう。

 

海外旅行保険の加入がまだの方はコチラがオススメです。↓

 

帰国便の場合、早く家に帰りたかったり、乗りたいバスの時間もあるので、面倒ですがここはグッと我慢です。笑

 

この破損証明書があればもう大丈夫!

 

私の場合は、海外に頻繁に旅行にいくため、クレジットカードに自動付帯するタイプの海外旅行保険に入っているので、今回はこの保険で修理をする事にしました。

 

今回利用するクレジットカードはJALカードのクラブAカードです。

この保険の優れているポイントは、携行品損害の免責金額がない事です。

f:id:m-midori1008:20191030090714j:image

 

わかりやすく言うと、

物が壊れたら、タダで修理してくれます。

 

普通の保険では1つのモノに対して3000円くらいかかります。

同じクレジットカードのゴールドカードだと、この免責補償料金が掛かるんです。

f:id:m-midori1008:20191030090648j:image

ちょっとびっくりですよね。

 

スーツケースの破損修理の流れはこんな感じでした。

 

1、航空会社に破損証明書をもらう

 

2、クレジットカードの保険引受会社に連絡

 

3、事故内容の電話での回答をする

 

4、保険請求書が届く→今ココ

 

5、記入して返信する

 

 購入金額から経過年数で消却計算される

 現在の評価額と修理費を比べて

 安い方が保険金として算定されるそうです。

 もし、修理費より評価額が低いと、

 修理ではなく評価額を支払ってくれるそうです。

 

6、スーツケース 修理サービスを利用する場合はスーツケース本体を着払いで発送する

 

※自分で修理の場合は、見積書か領収書をもらっておく

 

7、スーツケースは修理後配送されてくるそうです。

最大1カ月程度スーツケースが返ってこないそうです。

 

料金は免責補償料金がないので、無料で修理が可能です。

 

スーツケースは結構壊れるので、この流れを覚えておくと、その時が来たらサッと対応できますね!

 

実はスーツケース今回は2つとも壊れたので、2つ保険請求するので、手続きがちょっと面倒ですが、次の旅までに治しておかないといけないので、頑張ります。笑

 

携行品損害保険は、

カメラやスマホが壊れた!

釣竿やスーツケースが壊れた!

現金が盗まれた!

と言う時に使えるそうなので、海外旅行中に何かが壊れたときには、日時と場所と見ていた人がいる時には覚えておいてもらえるようにすると請求がスムーズです。

 

我が家は何かしら壊れてしまうので、過去に3回程請求したことがあります。

 

帰国後90日以内に申告が必要みたいなので、旅行中にモノが壊れた人はちょっと振り返ってみると補償されるかもしれません。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

お金がたまるポイントサイトモッピー